武蔵野美術大学 美術館・図書館 イメージライブラリー

  • HOME>
  • NFBアニメーション

NFBアニメーション

カナダ発の傑作アニメーション群

イギリス系、フランス系、エスキモーといった様々な民族が暮らすカナダ。その多様な文化を国民に知らしめるため、1939年に設立された国営の映画制作機関であるNFBでは、映画、ドキュメンタリー、アニメーション、科学映画等を多数製作しています。1941年に映像作家ノーマン・マクラレンが主任に着任したアニメーション部門からは、優れた映像作家たちが輩出されました。イメージライブラリーでは、NFBで制作されたアニメーションを300作品以上収蔵しています。

線と色の即興詩

監督/ ノーマン・マクラレン 製作/NFB

フィルムに直接スクラッチや着色を施したカメラレス・アニメーション。NFBアニメーション部門の基礎を築き上げたマクラレンは、多彩な手法の実験アニメーションを数多く生み出した。

シュッ・シュッ

監督/コ・ホードマン 製作/NFB
主に立体アニメーションを制作しているコ・ホードマン。この作品では、街や登場する少年少女ら全てを、絵を描き込んだ積み木によって表現。角ばった積み木ならではの動きが楽しい。

パラダイス

監督/イシュ・パテル 製作/NFB
インド出身の監督が故郷の古い詩を題材に、切り絵、多重露光、透過光といった様々な手法を組み合わせ、煌めく宮殿と艶やかな鳥たちの美しさを見事に描き上げている。

心象風景

監督/ジャック・ドゥルーアン 製作/NFB

ピンスクリーン技法によるなめらかな陰影と独特のメタモルフォーゼが印象的な作品。アレクサンドル・アレクセイエフが考案したピンスクリーンの継承者であるジャック・ドゥルーアンは、この後、「ナイトエンジェル」において照明によるカラー化を図りこの技法を発展させた。

変身

監督/キャロライン・リーフ 製作/NFB
ガラス板の上に広げた砂で描画し、それをアニメートしていくというユニークな手法が用いられている。ガラス板の下から当てられたライトによって、砂のやわらかなシルエットとその流動的な動きが浮かびあがる。