戻る 詳細

 

田坂 具隆

Tomotaka Tasaka

生年月日
DATE OF BIRTH
1902/04/14
没年月日
DATE OF DEATH
1974/10/17
出身地
BIRTH PLACE
日本/Japan, 広島県,豊田郡,沼田村,東村
経歴 高校を中退し、新聞社に就職。病弱で兵役を免れたのを機会に映画の道に入ろうと、1924年に日活大将軍撮影所に入る。村田実、溝口健二、三枝源次郎などの助監督を3年務め、1926年に「かぼちゃ騒動」で監督昇進を果たす。1927年の「鉄腕記者」は山本嘉次郎が脚本を書き、以降「春と娘」までの15作品でコンビを組んだ。カメラマンの伊佐山三郎も晩年までほとんどの作品を担当した。1932年に、日活上層部ともめて脱退した伊藤大輔、内田吐夢らがつくった独立プロ・新映画社で「昭和新撰組」を撮るが、再び日活に復帰する。ドキュメンタリー・タッチで戦争を描いた「五人の斥候兵」はヴェネチア映画祭民衆文化大臣賞を受賞、つづく「土と兵隊」も兵隊の過酷な姿を捉え、文部大臣賞を受賞した。国策映画をいくつか監督した後、1945年に一等兵として応召し、広島で原爆に罹災。戦後は原爆病と闘い、1949年の「どぶろくの辰」で復帰する。以降、「長崎の歌は忘れじ」といった戦争ものや、反抗的な子供と田舎のお手伝いさんの心の交流を描いた「女中っ子」、「陽のあたる坂道」といった大ヒット作品などを手掛ける。1959年に日活を離れ、東映で制作をつづけた。
関連作品 DVD・VHS・FILM etc.
  タイトル TITLE 制作年 YEAR 役割 PROFESSION
五人の斥候兵
A Pay by the Wayside
Goninno sekkohei
1938 監督/DIRECTOR
DVD/VHS/LD 関連作品 RELATED TITLES
  タイトル TITLE ジャンル GENRE
VHS 五人の斥候兵
A Pay by the Wayside
Goninno sekkohei
日本映画/Japanese Film