戻る 詳細

 

戦艦ポチョムキン(クリティカル・エディション)

センカンポチョムキン(クリティカル・エディション)
Battleship Potemkin
Броненосец Потёмкин

 
ジャンル
GENRE
外国映画/Foreign Film
製作国
COUNTRY
ソ連/U.S.S.R.
公開年
RELEASE DATE
1925
作品分数
RUNTIME
69MIN (※)
カラー
COLOR
B&W
オリジナル音声
LANGUAGE
サイレント/Silent
概要 1905年、帝政ロシア黒海艦隊に乗船した水兵は長い航海の中でウジ虫が入ったスープを飲まされる。そこで起きたポチョムキン号の兵士の革命的反乱は、オールロケによる記録映画的手法と、リアリズム表現、編集技術による独創的なモンタージュ技法によって再現された。映画史上最も有名な「オデッサの階段」の民衆虐殺シーンなど、その斬新な映画表現は後世の映画人に多くの影響を与えた。
オリジナルは1925年、サイレント映画として発表されたのちに音楽版が制作された。1926年にオリジナル・ネガがドイツに売却された際、検閲が入りカットされたため、本作の完全版は存在しない。
本作はドイツ復元版を基に、世界中から最良のプリントを集めた最新復元版である。1926年のベルリン公開時にエイゼンシュテイン自身が高く評価したエトムント・マイゼルの伴奏音楽が付けられている。
作品キーワードイデオロギー,モンタージュ理論,ティパージュ
注記(※) 「戦艦ポチョムキン」(DVD/LD収録)は画質が劣るが74分と尺が長く、ショスタコーヴィチの音楽が付せられている。
人名
スタッフ/STAFF
セルゲイ・M・エイゼンシュテイン/Sergei M. Eisenstein 脚本
セルゲイ・M・エイゼンシュテイン/Sergei M. Eisenstein 監督/DIRECTOR
グリゴリー・アレクサンドロフ/Grigori V. Alexandrov 助監督
ニーナ・アガジャノワ=シュトコ/Nina Agadzhanova-Shutko 脚本
エドゥアルド・ティッセ/Eduard Tisse 撮影
エトムント・マイゼル/Edmund Meisel 音楽
E・カシケヴィッチ/E. Kashkevich 録音
ワシリー・ラハリス/Vasili Rakhals 美術
キャスト/CAST
セルゲイ・M・エイゼンシュテイン/Sergei M. Eisenstein 出演/CAST
グリゴリー・アレクサンドロフ/Grigori V. Alexandrov 出演/CAST
アレクサンドル・アントノフ/Aleksandr Antonov 出演/CAST
ウラジミル・バルスキー/Vladimir Barsky 出演/CAST
ミハイル・ゴモロフ/Mikhail Gomorov 出演/CAST
この作品が収録されている資料
  タイトル TITLE ジャンル GENRE
DVD 戦艦ポチョムキン(クリティカル・エディション)
Battleship Potemkin
Броненосец Потёмкин
外国映画/Foreign Film