戻る 詳細

 

最後の人(クリティカル・エディション)

サイゴノヒト(クリティカル・エディション)
The Last Man(Critical Edition)
Der letzte Mann

 
ジャンル
GENRE
外国映画/Foreign Film
制作国
COUNTRY
ドイツ/Germany
制作年
YEAR
1924
作品分数
RUNTIME
90MIN
カラー
COLOR
B&W
オリジナル音声
LANGUAGE
サイレント/Silent
概要 ベルリンの豪華ホテルのドアマンをしている男が、支配人からトイレの掃除人への格下げを申し渡される。しかしそれに耐えられない彼は、ドアマンの制服を盗みだし隣近所の人々には依然栄誉あるドアマンであると見せていたが…。
演技はカットもフェードも細かい脚本もなく続けられ、携帯可能となって自由に動き回るカメラが演技を補う役割を果たしており、字幕は全編を通してたった一度しか入らない。また、光と影を大胆に使った表現主義的な映像、さらにヤニングスの演技と悲劇を指向する物語とあいまって、重厚な後味を残す作品となっている。アメリカでの公開を想定し、ハッピーエンドが付け加えられた。
「最後の人」には、ドイツ向けのネガ、一般輸出用のネガ、そしてアメリカ向けのネガという3種の異なるカメラ・ネガがある。本編は、不完全な形でしか残されていないドイツ向けのネガに、ベルリンのブンデスアルヒーフ=フィルムアルヒーフ所有のオリジナル・ネガ、1936年にドイツで作られたニューヨーク近代美術館所有のコピー、F・W・ムルナウ財団所有のなくなったドイツ版コピーの複写プリントの断片、ローザンヌのシネマ・テーク・シュイス所蔵のコピーの断片を補うことによって修復されたものである。さらに、作曲家ジュゼッペ・ベッチャがこの映画のベルリンでの公開用に作曲したオリジナル音楽が復元されて挿入されている。
この作品が収録されている資料
  タイトル TITLE ジャンル GENRE
DVD 最後の人(クリティカル・エディション)
The Last Man
Der letzte Mann
外国映画/Foreign Film