戻る 詳細

 

英国王のスピーチ

エイコクオウノスピーチ
The King's Speech
The King's Speech

 
ジャンル
GENRE
外国映画/Foreign Film
製作国
COUNTRY
イギリス/U.K.,オーストラリア/Australia
公開年
RELEASE DATE
2010
作品分数
RUNTIME
118MIN
カラー
COLOR
Color + B&W
オリジナル音声
LANGUAGE
英語/English
概要 幼い頃から吃音のため人前に出ることを嫌う内気な性格のジョージ6世が苦手なスピーチを克服し、国民から信頼される王になるまでを描いた実話をもとにした作品。
英国王ジョージ5世が崩御し、長男のエドワード8世が即位することになったが、エドワードは王室が認めない女性との愛を選択し、次男のジョージ6世が王位を継承することになる。ジョージ6世は吃音というコンプレックスのため、スピーチはいつも失敗し、国民は落胆する。心配した妻のエリザベスは言語療法士ライオネルの元へジョージを連れて行くが、ライオネルの治療は型破りなものだった。はじめはその治療法を拒絶したジョージだったが、次第に心を開いてゆき、スピーチにも自信が持てるようになった。そんな中、イギリスがドイツに宣戦布告し、不安に揺れる国民に向けてジョージはラジオ放送スピーチに挑む。
第83回(2010年)アカデミー賞・作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞を受賞。
【作品キーワード(イメージライブラリー映像特別講座「映画で学ぶ憲法(2)」より)】スピーチ,ラジオ放送スピーチ,演説,憲法,国王の特権と義務,象徴君主の義務,象徴君主,退位,チャーチル,第2次世界大戦,ジョージ6世,ジョージ5世,エドワード8世
関連ページ
イメージライブラリー映像特別講座「映画で学ぶ憲法(2):民主社会における『君主』の表象」の記録
人名
スタッフ/STAFF
トム・フーパー/Tom Hooper 監督/DIRECTOR
イアン・カニング/Iain Canning 製作
エミール・シャーマン/Emile Sherman 製作
ギャレス・アンウィン/Gareth Unwin 製作
ジェフリー・ラッシュ/Geoffrey Rush 総指揮
ティム・スミス/Tim Smith 総指揮
ポール・ブレット/Paul Brett 総指揮
マーク・フォリーニョ/Mark Foligno 総指揮
ハーヴェイ・ワインスタイン/Harvey Weinstein 総指揮
ボブ・ワインスタイン/Bob Weinstein 総指揮
デヴィッド・サイドラー/David Seidler 脚本
ダニー・コーエン/Danny Cohen 撮影
タリク・アンウォー/Tariq Anwar 編集
アレクサンドル・デスプラ/Alexandre Desplat 音楽
イヴ・スチュワート/Eve Stewart 美術
ジェニー・ビーヴァン/Jenny Beavan 衣装
キャスト/CAST
ジェフリー・ラッシュ/Geoffrey Rush 出演/CAST
コリン・ファース/Colin Firth 出演/CAST
ヘレナ・ボナム=カーター/Helena Bonham-Carter 出演/CAST
ガイ・ピアース/Guy Pearce 出演/CAST
ティモシー・スポール/Timothy Spall 出演/CAST
デレク・ジャコビ/Derek Jacobi 出演/CAST
ジェニファー・イーリー/Jennifer Ehle 出演/CAST
マイケル・ガンボン/Michael Gambon 出演/CAST
この作品が収録されている資料
  タイトル TITLE ジャンル GENRE
DVD 英国王のスピーチ
The King's Speech
The King's Speech
外国映画/Foreign Film