戻る 詳細

 

ジョン・ケージ・パフォームス・ジェイムス・ジョイス

ジョン・ケージ・パフォームス・ジェイムス・ジョイス
John Cage Performs James Joyce

 
ジャンル
GENRE
アート映像・実験映像/Experimental Film
制作国
COUNTRY
日本/Japan
制作年
YEAR
1985
作品分数
RUNTIME
15MIN (※)
カラー
COLOR
Color
オリジナル音声
LANGUAGE
英語/English
概要 音楽家、詩人、キノコの研究家、と様々な領域を横断して活躍したジョン・ケージが、小説家・詩人のジェイムス・ジョイスによる奇書『フィネガンズ・ウェイク』を用いて行った、私的なボイス・パフォーマンスの記録である(パフォーマンスはニューヨークにあるケージのスタジオで行われ、立ち会ったのは撮影を行った飯村隆彦のみであった)。『フィネガンズ・ウェイク』は、複数の言語が混在し、無数の言葉遊びに満ちた特殊な言語表現によって構築された小説であるが、ケージはそこに、彼自身の編み出した手法である「チャンス・オペレーション」(「偶然性」を取り入れた作曲の方法)によって介入し、さらなる解体・再構築を試みた。そして、そのようにして作成したテキストをもとに、「読む」「歌う」「ささやく」という三つの発声法を駆使したパフォーマンスを行うのである。
作品キーワードビデオアート
関連ページ
第20回イメージライブラリー映像講座の記録
注記(※) 「コンセプトテープ3」には抜粋版が収録されている。
この作品が収録されている資料
  タイトル TITLE ジャンル GENRE
VHS コンセプトテープ3
Concept Tapes 3
アート映像・実験映像/Experimental Film
VHS John Cage Performs James Joyce
John Cage Performs James Joyce
アート映像・実験映像/Experimental Film