戻る 詳細

 

丹下左膳餘話 百萬兩の壺

タンゲサゼンヨワ ヒャクマンリョウノツボ
Sazen Tange and the Pot Worth a Million Ryo
Tangesazenyowa hyakumanryono tsubo

 
ジャンル
GENRE
日本映画/Japanese Film,コメディ,時代劇(日本映画)
制作国
COUNTRY
日本/Japan
制作年
YEAR
1935
作品分数
RUNTIME
92MIN
カラー
COLOR
B&W
オリジナル音声
LANGUAGE
日本語/Japanese
概要 29歳の若さで戦死した早世の天才映画監督・山中貞雄の現存する3作品のうちの最も古い1本。大河内伝次郎の当たり役で有名なチャンバラものの丹下左膳シリーズだが、監督の山中はハリウッドの人情喜劇を参考に、それをみごとにアレンジした。公開当時、時代劇の英雄・丹下左膳の描き方を巡って、賛否両論がわきおこった。
伊賀柳生の城主・対馬守は、弟源三郎が婿養子に行く際引き出物として贈った、家宝のこけ猿の壺に百万両のありかを示した図面があることを知り、あわてて壺を返してくれと頼むが、自分の婿入りに薄汚い壺一つしかくれなかった兄を恨んでいた源三郎は、屑屋にただ同然で売ってしまう。後に壺の秘密を知った源三郎は、妻にせかされ江戸中を探し回る。一方壺は長屋に住む七兵衛の息子、ちょび安が屑屋からもらって金魚入れにしていた。七兵衛は通いの矢場で巻き込まれたいざこざで命を落としてしまう。残されたちょび安を頼まれたのが、矢場の女将お藤とそこに居候している丹下左膳であった。百万両の壺をめぐって、左膳・お藤対源三郎夫婦の大騒動が始まるのであった…。
DVDに収録されているものは、戦後紛失していた立ち回りのカットが挿入されている。
作品キーワード小市民映画
関連ページ
第12回イメージライブラリー課外講座の記録
この作品が収録されている資料
  タイトル TITLE ジャンル GENRE
VHS 丹下左膳餘話 百萬兩の壺
Sazen Tange and the Pot Worth a Million Ryo
Tangesazenyowa hyakumanryono tsubo
日本映画/Japanese Film
DVD 丹下左膳餘話 百萬兩の壺
Sazen Tange and the Pot Worth a Million Ryo
Tangesazenyowa hyakumannryono tsubo
日本映画/Japanese Film