戻る 詳細

 

泥の河

ドロノカワ
Muddy River
Dorono kawa

 
ジャンル
GENRE
日本映画/Japanese Film
製作国
COUNTRY
日本/Japan
公開年
RELEASE DATE
1981
作品分数
RUNTIME
105MIN
カラー
COLOR
B&W
オリジナル音声
LANGUAGE
日本語/Japanese
概要 小栗康平の監督デビュー作。原作は宮本輝の処女作である同名小説。高度成長期に入りかけた昭和31年の大阪を舞台に、川岸の食堂の少年と廓舟で生活する姉弟との束の間の交流と別れを描く。
いまだ戦火の焼跡の匂いを残す大阪・安治川の川辺にあるうどん屋。その一人息子の信雄は、ある日、対岸につながれた舟に住む少年・喜一と友達になる。次の日信雄が舟に遊びに行くと、舟には喜一の姉銀子と母親がおり、信雄を優しく歓迎した。子供達は日に日に仲良くなっていくが、信雄の父親は「喜一と友達になっても良いが夜は決して舟には行ってはいけない」と言いつけるのだった。そんなある夜、信雄と喜一は夏祭りに遊びに出かけた。そしてその帰り、信雄は喜一に誘われるままに舟を訪れ、舟の奥の部屋で裸の男に抱かれた喜一の母親の姿を見てしまうのだった…。
3人の子供達は一般から選ばれた素人だが、監督の細やかな演出によってのびのびとしていながらも無邪気な顔の奥に悲しみをにじませ、印象深い表情を見せる。子供たちの悲しみを通して描かれるのは戦後の傷跡を抱いて生きる大人たちの姿でもある。
昭和30年代の安治川を再現するために監督は日本中の河川を捜し歩き、左側から撮る時は名古屋の海に注ぎこむ川、右側から撮る時は東京深川の木場で撮影し、2ヶ所の場所をつなぎ合わせることで当時の空気を描き出した。1981年モスクワ国際映画祭をはじめ国内外の映画賞で数々の賞を受賞。(解説書参考)
作品キーワード馬車,夜店,夏祭り,橋,蟹
人名
スタッフ/STAFF
小栗 康平/Kohei Oguri 監督/DIRECTOR
木村 元保/Motoyasu Kimura 製作
宮本 輝/Teru Miyamoto 原作
重森 孝子/Takako Shigemori 脚本
安藤 庄平/Shohei Ando 撮影
毛利 蔵人/Kurodo Mori 音楽
西崎 英雄/Hideo Nishizaki 録音
平井 宏侑 録音
内藤 昭/Akira Naito 美術
島田 忠昭/Tadaaki Shimada 照明
キャスト/CAST
田村 高廣/Takahiro Tamura 出演/CAST
藤田 弓子/Yumiko Fujita 出演/CAST
朝原 靖貴/Yasutaka Asahara 出演/CAST
加賀 まりこ/Mariko Kaga 出演/CAST
芦屋 雁之助/Gannosuke Ashiya 出演/CAST
柴田 真生子/Makiko Shibata 出演/CAST
桜井 稔/Minoru Sakurai 出演/CAST
殿山 泰司/Taiji Tonoyama 出演/CAST
この作品が収録されている資料
  タイトル TITLE ジャンル GENRE
LD 泥の河
Muddy River
Dorono kawa
日本映画/Japanese Film
DVD 泥の河
Muddy River
Dorono kawa
日本映画/Japanese Film