戻る 詳細

 

日本春歌考

ニホンシュンカコウ
A Treatise on Japanerse Bawdy Songs(Sing a Song of Sex)
Nihonshunkako

 
ジャンル
GENRE
日本映画/Japanese Film
製作国
COUNTRY
日本/Japan
公開年
RELEASE DATE
1967
作品分数
RUNTIME
103MIN
カラー
COLOR
Color
オリジナル音声
LANGUAGE
日本語/Japanese
概要 添田知道の著作「日本春歌考」の<性の歌は抑圧された民衆の声だ>の主張に共感した大島渚が創作した異色の青春映画。大学受験のため上京した4人の男子高生と3人の女子高生を中心に、90年代の若者の生々しい青春群像を描いた。
大学受験の為に前橋から上京した4人の男子高生。彼らは試験場にいた試験番号「469番」の美しい女性の妄想にふける。そんな彼らに担任の大竹は飲み屋で性の歌である春歌を歌って聴かせるのだった。その夜、宿泊したホテルで彼らの一人中村は酔った大竹が部屋でストーブを燃やし続けたまま眠っているのを見つけたが、不安を感じるものの放置して自分の部屋に戻った。そして翌日の朝、一酸化炭素中毒で大竹は死んでいた。
作品キーワード猥歌,在日,フォークソング,アメリカ,朝鮮
人名
スタッフ/STAFF
大島 渚/Nagisa Oshima 監督/DIRECTOR
中島 正幸/Masayuki Nakajima 製作
田村 孟/Tsutomu Tamura 脚本
田島 敏男/Toshio Tajima 脚本
佐々木 守/Mamoru Sasaki 脚本
林 光/Hikaru Hayashi 音楽
高田 昭/Akira Takada 撮影
戸田 重昌/Jusho Toda 美術
キャスト/CAST
荒木 一郎/Ichiro Araki 出演/CAST
岩淵 孝次/Kouji Iwabuchi 出演/CAST
田島 和子/Kazuko Tajima 出演/CAST
吉田 日出子/Hideko Yoshida 出演/CAST
小山 明子/Akiko Koyama 出演/CAST
伊丹 十三/Juzo Itami 出演/CAST
宮本 信子/Nobuko Miyamoto 出演/CAST
この作品が収録されている資料
  タイトル TITLE ジャンル GENRE
VHS 日本春歌考
A Treatise on Japanerse Bawdy Songs(Sing a Song of Sex)
Nihonshunkako
日本映画/Japanese Film
DVD 日本春歌考
A Treatise on Japanerse Bawdy Songs(Sing a Song of Sex)
Nihonshunkako
日本映画/Japanese Film