戻る 詳細

 

ai(love)

アイ(ラブ)
ai(love)

 
ジャンル
GENRE
アート映像・実験映像/Experimental Film
制作国
COUNTRY
日本/Japan
制作年
YEAR
1962
作品分数
RUNTIME
15MIN
カラー
COLOR
B&W
オリジナル音声
LANGUAGE
セリフなし/No Dialogue
概要 映像作家の飯村隆彦が、愛し合い触れ合う一組の男女の肉体を捉えた作品である。エール大学での上映では、下世話な関心から数多くの学生が講堂に押し寄せて警察が出動する騒ぎになったというエピソードが端的に示すように、観客の欲望を煽る、スキャンダラスな題材が選ばれているのだが、極端なまでのクローズ・アップで記録された男女の肉体は、そうした欲望を満足させるよりもむしろ宙づり状態に持ち込んでしまう。性的な意味が付与される以前の「単なるもの」であるような肉体を強調することによって、その映像は、映画・美術評論家の石崎浩一郎が言うように、観客の「対象へのエロティックな没入」を拒絶し「新しい疎外感を惹き起こす」のだ(「官能の映像詩—飯村隆彦論」『飯村隆彦映像作品論集』所収、p.14)。
なお本作は当初サイレントとして制作されていたが、それを見て気に入ったオノ・ヨーコが窓の外の風音を録音した音楽を付け、当時のニューヨークで精力的にアンダーグラウンド映画の上映・普及活動を展開していた映画作家ジョナス・メカスに紹介。それが、飯村隆彦の作品が世界的に認知されるきっかけとなった。
関連ページ
第20回イメージライブラリー映像講座の記録
人名
STAFF・CAST
飯村 隆彦/Takahiko Iimura 監督/DIRECTOR
オノ・ヨーコ/Yoko Ono 音楽
 
この作品が収録されている資料
  タイトル TITLE ジャンル GENRE
VHS 60年代の実験映画 1962-64年
60's Experiments
アート映像・実験映像/Experimental Film