戻る 詳細

 

リリパット王国舞踏会

リリパットオウコクブトウカイ
A Dance Party in the Kingdom of Lilliput

 
ジャンル
GENRE
アート映像・実験映像/Experimental Film
制作国
COUNTRY
日本/Japan
制作年
YEAR
1964
作品分数
RUNTIME
12MIN
カラー
COLOR
B&W
オリジナル音声
LANGUAGE
日本語/Japanese
概要 映像作家の飯村隆彦が、現代美術家の風倉匠による「ハプニング」(50年代から1970年代前半にかけて流行した、一回性の強いパフォーマンス・アートの総称)に感銘を受け、彼を主演に迎えて制作した作品である。タイトルの「リリパット王国舞踏会」も、風倉の行ったハプニングのタイトルからとられている。
本作は「K氏 C」「K氏F」「K氏B」などと題された複数のセクションに分かれており、それぞれ、風倉=K氏が飯村のアイデア(立ち小便をする、通りがかりの男に殴られる、団地の階段を駆け上がっていく、など)をパフォーマンス的にこなしていき、それを飯村が撮影するというかたちで制作が行われた。BGMにはラジオ体操の音楽が用いられ、風倉の運動が喚起させる反復的で機械的な印象をさらに強める働きをしている。映画・美術評論家の石崎浩一郎は本作について、「この映画は人間を描いた映画というよりはむしろ一個のオブジェが昆虫を観察するように顕微鏡的なカメラの眼でとらえた人間の生態学」であると評している(「石崎浩一郎」『飯村隆彦映像作品論集』所収、初出1970年)。
人名
STAFF・CAST
飯村 隆彦/Takahiko Iimura 監督/DIRECTOR
風倉 匠/Sho Kazakura 出演/CAST
 
この作品が収録されている資料
  タイトル TITLE ジャンル GENRE
VHS 60年代の実験映画 1962-64年
60's Experiments
アート映像・実験映像/Experimental Film