戻る 詳細

 

ヴェロニカ・フォスのあこがれ

ヴェロニカ・フォスノアコガレ
Veronika Voss
Die Sehnsucht der Veronika Voss

 
ジャンル
GENRE
外国映画/Foreign Film
制作国
COUNTRY
西ドイツ/West Germany
制作年
YEAR
1982
作品分数
RUNTIME
99MIN
カラー
COLOR
B&W
オリジナル音声
LANGUAGE
ドイツ語/German
概要 「マリア・ブラウンの結婚」「ローラ」に続く経済復興三部作の最後の作品。前作の「ローラ」とは対照的に、本作は“モノクロは映画でもっとも美しい色”というファスビンダーの考えのもと照明効果に細心の注意が払われ、人工的かつ懐かしい不思議な世界が実現したモノクロ映画である。1955年に死亡したナチ映画時代の大女優ジービレ・シュミッツをモデルに、1950年代ドイツの光と影が再現される。ジービレ・シュミッツの代表作はカール・テオ・ドライヤー監督の「ヴァパンイア」で、レオーネ役を演じている。彼女はパウラ・ヴェッセリーやツァラ・レアンダーと共に、ドイツ映画界におけるもっとも注目すべき女優として活躍していたが、人気がなくなってからはモルヒネへと逃避し、緩やかな自殺へと陥っていった。
風采のあがらないスポーツ記者のロベルトは、偶然ヴェロニカ・フォスという中年の女優と出会った。彼女は神経障害で、過去の記憶に囚われながら薬物の力でようやく生き延びているのだった。記者の勘から彼女に興味をもったロベルトは、彼女の背後に麻薬を処方して彼女の全財産を奪おうとしているカッツ女医の陰謀があることを知る。果敢にヴェロニカを救おうとするロベルトだったが、彼女には既に立ち直る力は残っていなかった…。
第32回(1982年)ベルリン映画祭・金熊賞、トロント映画祭・国際批評家協会賞を受賞。
作品キーワードニュー・ジャーマン・シネマ
この作品が収録されている資料
  タイトル TITLE ジャンル GENRE
DVD ヴェロニカ・フォスのあこがれ
Veronika Voss
Die Sehnsucht der Veronika Voss
外国映画/Foreign Film