戻る 詳細

 

太陽

タイヨウ
The Sun
Solntse

 
ジャンル
GENRE
外国映画/Foreign Film,戦争
制作国
COUNTRY
ロシア/Russia,イタリア/Italy,フランス/France,スイス/Switzerland
制作年
YEAR
2005
作品分数
RUNTIME
110MIN
カラー
COLOR
Color
オリジナル音声
LANGUAGE
日本語/Japanese,英語/English(一部)
概要 アレクサンドル・ソクーロフが歴史上の人物を描く全4部作の3作目。ヒトラー、レーニンに続き、本作では昭和天皇を取り上げる。終戦間近、敗戦を受け入れ、人間宣言へと至る天皇の苦悩を緻密な考証と微細に描かれた日常によって表現している。
1945年8月、疎開させた皇后や皇太子と離れ、ひとり地下壕で生活する天皇。御前会議では陸軍大臣が本土決戦を提唱するが、天皇は国民の平和を願い、降伏を示唆した。戦争を止めることが出来なかったことを悔やみ、夢の中で空襲の悪夢にうなされる。天皇にとって一時の休息は甲殻類の研究をすることと、遠くにいる妻子へ想いを馳せることである。やがて、連合国軍最高司令官マッカーサーとの会見のため天皇はアメリカ大使公邸へ赴く。
【作品キーワード(イメージライブラリー映像特別講座「映画で学ぶ憲法(2)」より)】昭和天皇,裕仁,明治天皇,天皇制,君主,主権者,政治権力性,象徴,神格,人間宣言,マッカーサー,御前会議,和歌,葉巻,西洋風の紳士
関連ページ
イメージライブラリー映像特別講座「映画で学ぶ憲法(2):民主社会における「君主」の表象」の記録
この作品が収録されている資料
  タイトル TITLE ジャンル GENRE
DVD 太陽
The Sun
Solntse
外国映画/Foreign Film
DVD 太陽
The Sun
Solntse
外国映画/Foreign Film