戻る 詳細

 

クリスチャン・ボルタンスキーの記録

クリスチャン・ボルタンスキーノキロク
Christian Boltanski:Les Aechives By Brigitte Cornand

 
ジャンル
GENRE
美術/Art,ドキュメンタリー/Documentary
製作国
COUNTRY
公開年
RELEASE DATE
作品分数
RUNTIME
52MIN
カラー
COLOR
Color
オリジナル音声
LANGUAGE
フランス語/French
概要 フランスの映画監督であるブリジット・コルナンは、現代美術の巨匠、クリスチャン・ボルタンスキーを追いかけた。それは、ベルリンの喪失した家の跡地から始まった。戦時中にベルリンにいたボルタンスキーは、ひとつの家の歴史をまざまざと眺めることになる。そこに住んでいた人々、ユダヤ人からドイツ人に移り住んで、最後には空襲で破壊されてしまう家。その部屋ごとの住民の記録を収集し、厳密に振り分けていく。その膨大な作業のなかでボルタンスキーの作品の真意が現れてくるのだ。今回のボルタンスキーのドキュメンタリーは、「記録」をコンセプトとして作品にする作家の「記録」でもあるという、二重構造を持つものだといえるだろう。作家自身が自作について語り、多数の展覧会記録が登場する。さらに、ドキュメンタリーでは、ボルタンスキー自身の映像作品“ヴォジラール通りのアパートメント”(1973)やパフォーマンス・フィルム“咳をする男”(1969)など初期の貴重な作品も収録されている。(VHSパッケージ解説文より)
記録されている作品:「欠けた家」(1990)「クラブ・ミッキー」(1972)「パッション」(1996)「フランソワーズCの衣服」(1972)「パリ音楽院の倉庫」(1991)「ヴォジラール通りのアパート」(1973)「カナダ倉庫」(1989)「オムブレ劇場」(1985~86)「懺悔」(1996)「ウェルト・ドレスド劇場」(1996)「咳をする男」(1969)「死んだ人」(1990)「バラの咲く町、ボローニャ」(1997)「夜の帳」(1998)
作品キーワード現代美術
人名
スタッフ/STAFF
ブリジット・コルナン/Brigitte Cornand 監督/DIRECTOR
キャスト/CAST
クリスチャン・ボルタンスキー/Christian Boltanski 出演/CAST
この作品が収録されている資料
  タイトル TITLE ジャンル GENRE
VHS クリスチャン・ボルタンスキーの記録
Christian Boltanski:Les Aechives By Brigitte Cornand
美術/Art