戻る 詳細

 

クシュシトフ・ウディチコ プロジェクション イン ヒロシマ

クシュシトフ・ウディチコ プロジェクション イン ヒロシマ  
Krzysztof Wodiczko:Projection in Hiroshima

 
ジャンル
GENRE
美術/Art,ドキュメンタリー/Documentary
制作国
COUNTRY
日本/Japan
制作年
YEAR
2000
作品分数
RUNTIME
70MIN
カラー
COLOR
Color
オリジナル音声
LANGUAGE
日本語/Japanese
概要 ポーランド生まれのクシシュトフ・ウディチコは、公共空間や記念碑などに映像を投影する「パブリック・プロジェクション」で知られる現代美術家である。
1999年8月、ウディチコの日本で初めての「パブリック・プロジェクション」が広島の原爆ドーム前で行われた。広島に住む被爆者、在日外国人など14人の証言者が現れ、原爆に関する発言とともに彼等の手元だけが映像としてドームの下に投影された。
約1年間に渡るこのプロジェクトの制作風景、ウディチコやスタッフのインタビューなども収録されている。
人名
STAFF・CAST
岸本 康/Yasushi Kishimoto 監督/DIRECTOR,脚本,撮影
クシュシトフ・ウディチコ/Krzysztof Wodiczko 出演/CAST
 
この作品が収録されている資料
  タイトル TITLE ジャンル GENRE
DVD クシュシトフ・ウディチコ プロジェクション イン ヒロシマ  
Krzysztof Wodiczko : Projection in Hiroshima
美術/Art