戻る 詳細

 

カオス・シチリア物語

カオス・シチリアモノガタリ
Chaos
Kaos

 
ジャンル
GENRE
外国映画/Foreign Film
製作国
COUNTRY
イタリア/Italy
公開年
RELEASE DATE
1984
作品分数
RUNTIME
181MIN
カラー
COLOR
Color
オリジナル音声
LANGUAGE
イタリア語/Italian
概要 原作はシチリア出身のノーベル文学賞作家ルイジ・ビランデッロの全十五巻二百数十編の短編からなる「一年間の物語」から選ばれた六つの短編である。「カオス・シチリア物語」ではプロローグとエピローグにはさまれた四つの物語から成り立っているが、これらの物語を一つに結び付け、狂言廻しの役割を果たしているのが、冒頭に登場する一羽のカラスである。トスカーナ地方を舞台に、幻想的で美しい映像で描かれている。
第一話の「もう一人の息子」では、アメリカに行った実の2人の息子を愛する年老いた母には、盗賊に犯されて生まれたもう1人の息子がいた。母はその2人の息子への手紙をアメリカに移住しようとする村人に託す。母を捨てた息子と母を思う息子の皮肉な愛情の物語を描いている。第二話の「月の病い」は、満月の晩に(狼つき)の病で獣のように暴れる男とその様子を家の中でうかがう新妻の寓話的な物語である。第三話の「甕(かめ)」は、農場主のドン・ロロの大切な甕が壊され、それを直す背中に瘤のある男がロロに一泡ふかせるという話。第四話「レクイエム」は、男爵の領地に住む村人が村に墓地の建設許可を求めて長老とともに格闘する。エピローグの「母との対話」では、原作者であるピランデッロが故郷シチリアの家に帰ってくると、彼を待っていたのはすでに亡くなった最愛の母であった。母は意気消沈した彼に「すでにものを見ることができなくなった人の目でものを見るようにしなさい。その方が辛いだろうけど、そのおかげで、ものごとがずっと美しく、尊いものに見えますよ。」と語りかける。場面は母が幼いころ旅した船旅のシーンとなる。一行はマルタ島へ向かう途中にあった真っ白い軽石で覆われた美しい島に上陸する。青い海と白い陸地のコントラストの美しいシーンである。
人名
スタッフ/STAFF
パオロ・タヴィアーニ/Paolo Taviani 脚本
ヴィットリオ・タヴィアーニ/Vittorio Taviani 脚本
パオロ・タヴィアーニ/Paolo Taviani 監督/DIRECTOR
ヴィットリオ・タヴィアーニ/Vittorio Taviani 監督/DIRECTOR
ジュリアーニ・G・デ・ネグリ/Giuliani G. De Negri 製作
ルイジ・ピランデッロ/Luigi Pirandello 原作
トニーノ・グエッラ/Tonino Guerra 脚本
ジュゼッペ・ランチ/Giuseppe Lanci 撮影
ニコラ・ピオヴァーニ/Nicola Piovani 音楽
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト/Wolfgang Amadeus Mozart 音楽(原曲)
フランチェスコ・ブロンジー/Francesco Bronzi 美術
リーナ・ネルリ・タヴィアーニ/Lina Nerli Taviani 衣装
キャスト/CAST
マルガリータ・ロサーノ/Margarita Lozano 出演/CAST
オメロ・アントヌッティ/Omero Antonutti 出演/CAST
マッシモ・ボネッティ/Massimo Bonetti 出演/CAST
チッチョ・イングラッシア/Ciccio Ingrassia 出演/CAST
フランコ・フランキ/Franco Franchi 出演/CAST
レジーナ・ビアンキ/Regina Bianchi 出演/CAST
エンリカ・マリア・モドゥーニャ/Enrica Maria Modugno 出演/CAST
サルバトーレ・ロッシ/Salvatore Rossi 出演/CAST
この作品が収録されている資料
  タイトル TITLE ジャンル GENRE
LD カオス・シチリア物語
Chaos
Kaos
外国映画/Foreign Film
DVD カオス・シチリア物語
Chaos
Kaos
外国映画/Foreign Film